外食派なら押さえておきたい!WDIの株主優待

休日に家族で外食される方にとって、家計に響いてくるのが外食費。
家族でおでかけした帰りにレストランで食事するのは楽しいものですが、
できれば株主優待を使って、少しでもお得に食事をしたいものです。

そこで外食派の方におすすめなのがWDIの株主優待。
WDIグループと聞いてもピンと来ない方も多いかと思いますが、
イタリアンレストランのカプリチョーザを中心に、
ババ・ガンプ・シュリンプやカリフォルニア・ピザ・キッチンなど、
おなじみのレストランを全国展開するグループなのです。

さらに最近ではハワイで人気に火がついたパンケーキブームの立役者、
エッグスンシングスもWDIグループが運営するお店。
ここまで紹介すると必ずどれかのお店に行ったことがあるのでは?

そんなWDIグループの株主優待はとてもお得になっており、
最少単位である100株保有で3000円分の優待券に加え、
国内の直営店舗が20%割引で利用できるWDI VIP CARDがもらえます。
つまり毎回20%OFFで飲食できるので外食費は大助かりですね!

系列店のウルフギャングで使えないのは残念ですが、
それでもカプリチョーザで使えるならお得感はあるでしょう。
株価も1200円台とそれほど高くないので要チェックです!

■WDI(3068)

権利確定月:3月

(1) 優待券

100株以上 3,000円分
500株以上 10,000円分
1,000株以上 20,000円分
2,000株以上 30,000円分

 

(2)100株以上でWDI VIP CARD

 

業績好調で大人気!くら寿司の株主優待

ファミリーに人気の外食と言えば回転ずし。
小さいお子様から大人まで楽しめる回転ずしは今や大人気で、
日本のみならず海外でもブームになっているほど。
そんな回転ずしチェーンの中でもスシロー・かっぱ寿司と並び、
大きなシェアを持つ大型チェーンがくら寿しです。

くら寿しの運営元はくらコーポレーション(2695)で、
株主優待として店舗で使える食事券が用意されています。
一枚500円の食事券が100株以上で5枚もらえるので、
くら寿しをよく利用される方にとっては魅力的ではないでしょうか。

くら寿しは2014年あたりから他の回転すしと差別化を計り、
寿し以外のメニューを次々に投入して話題になりました。
それまの回転すしのメニューでは無かったラーメンや丼ものや、
酢飯を使ったシャリカレーなど斬新なメニューを次々に発表。
売上高も増加したことで株価も5000円台にまで上昇しました。

そのため株主優待を利回りとして計算した場合は割高になりますが、
今後は恐らく優待の見直しや株式分割などの対策が行われるでしょう。
そうなれば株価はさらに上昇すると考えられるので、
早めに仕込んでおくのがいいと考えます。

■くらコーポレーション株主優待

100株以上 食事券 5枚 (2,500円)
200株以上 食事券 10枚 (5,000円)
500株以上 食事券 20枚 (10,000円)