低体温だった私が通うようになったホットヨガ

私の場合、寝起きの平熱が35度台とかなりの低体温でした。

足の冷たさが気になって眠れない日々が続き、冬だけではなく夏場も冷えと格闘していたんです。
夏なのにロングソックスにブーツが履きたかったほど。そのくらい冷えがひどかったんです。

しかし、カルドのホットヨガに通うようになってからは体温がぐんぐん上がるようになってきたんですよね。
一番ひどかった時期は35度3分とかかなり体温が低かったのですが、今はむしろ37度近いです。
今日は36度8分でしたからすごく平熱が上がりましたね。

カルドに通うようになったキッカケは、たまたま近くにオープンしたので試しに行ってみただけなので、
まさか自分でもここまで低体温が改善されるとは思ってもみませんでした。

お陰様で素足でも足がもぞもぞしませんし、とても楽になりました。
そして、風邪をひかなくなってきたりと色々な恩恵が得られています。以前に比べて太りにくくなったというのもありますね。
総合的に見て、ホットヨガのおかげで体質改善出来たのかなと思います。

カルドのホットヨガ口コミ!キャンペーンはお得?体験して分かった本音大公開!

出会いを求めて多額の出費

私は、このかた恋人が出来たことが一度もない男です。そんな私ですが、一応は結婚願望はあります。ですが、当然モテないので、女性と出会うことなんて、夢のまた夢です。普段の生活では、女性と出会える可能性は限りなく低いので、インターネットでの出会いに注力することにしました。いわゆる、出会い系サイトを利用することにしたのです。

当初は、出会い系サイトといっても、無料のサイトを利用しようと考えており、実際に私が使用したのも無料のサイトでした。しかし、サイト内で、やり取りするには、ポイントが必要で、そのポイントを購入するのにお金が必要でした。私は、サイトを始める際に付与されるポイントで、女性にアプローチしていたのですが、そのポイントも底がつきました。その頃、ある女性から連絡が来て、少しばかりやり取り無料の掲示板でやり取りするようになりました。

しかし、込み入った話をするには、ポイントが必要なのです。私は無料に拘っていたので、躊躇したのですが、ポイントを購入してしまいました。そして、女性とやり取り。そして、またポイントがなくなり購入。これを繰り返してしまいました。その結果、手持ちのお金が無くなりコレクションで集めていた高級腕時計を預けて質屋でお金を借りるようなこともしました。(質屋を利用する時に参考にさせてもらいました。⇒質屋でお金を借りる方法とは

でも、その甲斐あって、女性とは親しくなれて、メールアドレスを入手することが出来ました。多額の出費を行い、お金に困り、極貧節約生活を送らなければならなくなりましたが、女性と出会うことが出来たので、自分では悪いお金を使ったとは思ってはいません。

鼻のニキビ対策はクレンジング選びがポイント

鼻にニキビができると本当に憂鬱ですよね、マスクをする以外隠せないんですから。

鼻にニキビができてしまうときって、鏡でしっかり見てみると間違いなく毛穴に汚れが残っているんですよね。

皮脂汚れや、女性の場合はファンデーションが残ってしまっていたりなど。つまり洗顔がうまくできていないと言う事ですね。

いろいろな洗顔方法を試した中で、自分が1番よく鼻の毛穴の汚れが取れた方法は、オイル系のクレンジングです。

普通の洗顔料でしっかり泡を立てて丁寧に洗っても、それだけでは毛穴に詰まった頑固な汚れは取れませんでした。

オイル系のクレンジングを使うと汚れの落ち具合が全然違います。オイル系のクレンジングでも商品は山のようにありどれを選んでいいのかわからないですよね。

自分がこれだけは決めていると言うのは使い方の事なのですが、オイル系クレンジングなのに、濡れた手でも使えますと書いてある商品。これは何度か買って失敗しました。

乾いた手で使うタイプのクレンジングオイルは優秀です。顔も手も乾いた状態でクレンジングオイルを優しくくるくると円を描くように肌になじませていくと、毛穴の汚れが1番よく取れます。

取れ具合が良い時なんて、鼻の毛穴に詰まった角栓がずるっととれて、取れた角栓のつぶつぶ感を手指で感じることがある位です。

そして自分の肌に合った洗顔方法で洗った後、ちゃんとケアをすることです。大切なのは洗顔で開いた毛穴をしっかり引き締めることです。

いくつものスキンケアを順番にすることは面倒ですが、手っ取り早く簡単に毛穴を引き締められる方法は、化粧水を冷蔵庫に入れて保存しておくことです。

洗顔後に冷蔵庫から出した冷えた化粧水で、やさしく顔をパッティングして毛穴を引き締めてあげて下さい。

たったこれだけで、鼻のニキビは大幅に予防することができます。とても簡単なので年齢や男女問わずすぐに取り掛かることができます。

オイル型クレンジングと冷やした化粧水で鼻のニキビからさようならできます。

■私が参考にしている美容ブログはこちら
http://www.sumterlittletheatre.org/

株主優待をはじめるならSBI証券がお得

SBI証券のオススメポイントはずばり手数料の安さです。
NISAの手数料は0円!というキャッチをみて、筆者が始めて開いたネット証券もSBI証券でした。NISA以外の買い付け手数料も安くて魅力的です。

それに、総合口座数がネット証券では最多なので、投資家の信頼を多く得てると言えます。

株主優待の検索ツールも使いやすいです。信用取引を使って、お得に株主優待をゲットできるクロス取引もできますよ。是非とも活用したいですよね。

HYPER株アプリという株取引の専用アプリを使って、簡単に評価額を確認したり、取引が出来るのもオススメです。
最短1タップで注文が出せるスピード注文は目まぐるしく変化する株式市場では大変便利です。

iDecoの取り扱い商品も豊富です。2017年1月から公務員と主婦も加入対象になったイデコ。
基本的に全員が加入可能になったわけです。イデコは節税効果があるし、年金の上乗せになりますから(リスクもあります)是非加入したいですよね。

もともと安かった管理手数料が2017年6月からSBI証券は、残高・期間などの条件なしに0円になりました。これは他の証券会社にはほとんどないです!イデコは長い年単位のスパンで毎月拠出するシステムですので、管理手数料0円は長期的にみると大変な節約効果。チャートや板も見やすいので株式投資初心者にこそオススメな証券会社です。

バイク購入がお得になる、バイク王&カンパニーの株主優待

バイクに乗る人なら一度は名前を聞いたことがあると言ってもいい程、その業界では色んな意味で有名なバイク王。株主優待銘柄としてはあまり人気がないのですが、バイクの買取りと中古車販売を手がける会社としては最大手の企業です。

主力はバイク買取りサービスで、こちらは北海道から沖縄まで全国に店舗があります。
ただ中古車販売を行う店舗は大型店のみとなっているようで、地方に住む人にとってはやや利用しづらい印象です。

そんなバイク王ですが、実はユーザーからの評価や口コミがあまり良くないことでも有名です。
特に目立つのが出張買取りサービスに対するもので、ネットで探せば「買取価格が安い」という不満を結構見かけます。まぁ、このあたりは「安く買取って、高く売る」という企業努力だと思えば株主的には問題ないですね。

そんなバイク王の株主優待は100株以上の保有で貰えるのでお手軽です。
内容はバイク購入時に一律一万円の割引が受けられるというもので、購入する車両によっては割引率も高くなるのではないでしょうか。

2016年に入ってからの株価は200円台で推移しているので、約二万円の投資で一万円の割引が受けられるということ。バイク王で購入する予定の人にはお得な株主優待と言えるでしょう

■バイク王&カンパニー(3377)の株主優待

権利確定月:11月

100株以上:バイク購入時1台につき一律1万円割引

参考
バイク王の査定や買取の口コミは?バイク王で三台売った私の体験談
バイク王の悪い評判は本当なのか?実際の口コミを紹介。

今後の内容改善に期待!コメダホールディングスの株主優待

コメダホールディングスのIPOに当選しました。
IPOと言えば初値で公募価格より高く売れることで有名ですが、
コメダホールディングスの場合は残念ながら公募割れとなりました。

私は元々、長期ホールドするつもりでIPOに申込んだので問題ありませんが、
初値で売り抜けるつもりだった人はガッカリしたことでしょう。
上場から一ヶ月半が経過した現在も、株価は公募価格のあたりをウロウロしているため、
短期筋の人はかなりストレスが溜まっている状況だと思います。

そんな理由から株式掲示板などでは不評なコメダホールディングスですが、
実は株主優待が設けられています。

内容は100株以上保有する株主に対し、コメダで利用できる1,200円分の電子マネーを2月と8月の年二回送付するというもの。店舗を利用しない方向けに自社ギフトも選択できるようになっています。

ただ、1200円分と言えば一人でコメダに行って、コーヒーと軽食を一回食べると消費してしまう金額。
せめて家族で一回行けるくらいの金額に増やしてくれないかと思います。

■コメダホールディングス株主優待

100株以上:
プリペイドカードKOMECA(送付時点ではチャージされていません)
送付後、以下の1又は2のどちらかを選択

1.コメダで利用できる1,200円分の電子マネー(有効期限:付与日から次回付与日まで)
※利用可能店舗:全国のコメダ直営店・FC店(一部店舗除く)

2.ギフト(自社製品詰め合わせ)